野球ヒジ(OCD)

みなさん、こんにちは♪
いつもブログを読んで頂きまして
ありがとうございます。
南あわじ市たけだ整骨院の武田です。
野球をしている子供さんのヒジの痛み。
少し休めば治る!と思っていませんか?
今回は野球ヒジの中の離断性骨軟骨炎(OCD)について書きます。
これを読むことで野球ヒジ離断性骨軟骨炎(OCD)の実態が分かります。
野球ヒジの種類
内側型・・・尺側側副靭帯
内側の骨につく腱や筋のストレッチ不足や
投球フォーム異常
外側型・・・離断性骨軟骨炎(OCD)
小中学生の発生頻度が高い
初期はレントゲンでは分かりません。
早期はエコーで発見が可能です。
後方型・・・肘頭疲労骨折、後方インピンジメント
上腕三頭筋に引っ張られ疲労骨折、腱の炎症、ヒジを伸ばすことで骨と骨が当たり炎症をおこします。
※以降、離断性骨軟骨炎→OCDと表記します。
OCDは投球などによって繰り返されるストレスや外傷によりヒジの外側の
骨軟骨に傷が入ったり剥がれる状態です。
小中学生に発生するのは発育段階で関節軟骨は脆弱でストレスに弱く損傷しやすくなります。
高校生くらいになると骨も成熟しヒジ内側側副靭帯、筋損傷などの南部組織の損傷が多くなります。
いつ発生するの?
コッキング~加速期に発生します。
OCDという言葉は聞いたことがあるけど
実際はどんなものか知らない!野球をしてたら仕方ない!
少し休めば治る!と思っている人が多いです。
重要なポイントは3つあります。
①ヒジの曲げ伸ばし角度が悪くなった。
②ヒジの痛みが3週間以上続く。
③ヒジの曲げ伸ばしで引っかかる感じがある。
小中学生時におこった障害を放置したままプレーを続けることで将来的に痛みを伴う状態まで病状が進行し手術になるケースもあります。
特にOCDは痛みがない、もしくは痛みが少ないため、エコーでの定期的な検査必要不可欠になります。
上図の右側エコーで小頭が潰れているのが確認できます。
子供さんはヒジの痛みに対して軽く考えていることが多く
保護者や指導者が配慮しなければなりません。
兵庫県でも一部の地域ではヒジのメディカルチェックが定期的に行われています。
子供さんの将来が左右される事ですので知らなかったでは済まされません。。
軽く考えないで当院で定期的なチェックをしましょう。
(柔道整復師 武田和樹 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください