マッサージの誤解

みなさん、こんばんは!
南あわじ市たけだ整骨院の武田です。
【マッサージの誤解】
このブログを読んでくださっている中には肩こりや腰痛時に一度はマッサージをされた経験があるのではないでしょうか?
今日はマッサージの誤解について書きます。
これを読むことで自分の体に無駄な時間とお金をかけなくて済みます。
みなさん、肩こり、腰痛!!
と言えば、どんな治療を思い浮かべますか?
マッサージ、電気、整体、カイロプラクティックといろいろ出てくると思います。
次にどこで治療しますか?
〇〇整体院
〇〇整骨院(接骨)
○○カイロプラクティック
〇〇鍼灸院
〇〇あん摩
リラクゼーションサロン
これも沢山あり、どこに行けば良いのか分からなくなりますね。
一つの選択基準として国家資格があるかどうか?
・あん摩マッサージ指圧師
・はり師
・きゅう師
・柔道整復師(整骨院、接骨院)
整体院、カイロプラクティック、リラクゼーションサロンに関しては民間資格で数日で取得できるケースが多いようです。
国家資格がないからダメ!
と言う訳ではありません。
資格がなくても勉強熱心で、腕の良い先生も沢山います。
少しお話しが脱線してきましたね。
私は職業柄、肩こりや腰痛の方を多く診させて頂きます。
私自身もマッサージを一生懸命していた時期もありました。
その経験から本当にマッサージで根本改善できるの?
と疑問に感じるようになりました。
マッサージは絶対ダメ!
と言うことではないので誤解をなさらないでください。
重要なポイントは3つです!!
①マッサージの時間
②マッサージの目的
③マッサージの落とし穴
詳しく説明していきます。
①マッサージの時間
マッサージは長い時間して欲しくなりますね。
しかし長時間のマッサージは筋肉をぐちゃぐちゃに潰してしまい揉み返しがでます。強すぎるマッサージも同様になります。
②マッサージの目的
例えば腰が痛いのにリラクゼーションサロンに行っても「効いていない!」となりますね。
長時間の立ち仕事で全身が疲れたのでリフレッシュいたいのでしたらリラクゼーションサロンですね。
③マッサージの落とし穴
マッサージ→筋肉の繊維が潰れ筋肉がほぐれた感じがする→一時的に血液が改善→(筋肉は強い刺激に対して潰されないようにと筋肉を固くする→凝る→強いマッサージ
この悪循環から抜けれなくなる。
マッサージが悪い訳ではなく、この循環が悪いのです。
単に筋肉をほぐして終わりではなくコリの原因を追究し根本改善をしないと、ずっと肩こりや腰痛に悩まされ続ける事になります。
どうですか?
マッサージについて誤解されていませんでしたか?
正しい知識を持ち大切な時間とお金を無駄にされませんように!
(柔道整復師 武田和樹 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください