ストレートネック(スマホ首)

 【ストレートネック(スマホ首)】
みなさん、ストレートネック(スマホ首)と言う言葉を
一度は聞いた事があるのではないでしょうか?
今回はストレートネックについて書きます。
これを読む事でストレートネックの対処、予防法が分かります。
実はストレートネックは首だけの問題ではないのです。
では、首がどうなっているの?他にも悪い所があるの?
と、疑問になりませんか?
症状
肩こり、首こり、手のシビレ、頭痛、めまい、頚椎椎間板ヘルニア
吐き気、顎関節症、自律神経失調症、二重アゴ、意外と無症状な方も
います。
重要なポイントは3つあります。
①なぜ、ストレートネックになるのか?
②予防法は?
③日頃のケアは?
①最近、スマートフォンやパソコンを使う機会が増え、ストレートネック
が急増したと言われています。
スマホを操作する時、頭は自然と下を向き肩より前に突き出すような姿勢に
なります。
人の頭の重さは4~5Kgあります、その重さを吸収するために首の骨は緩やかな
前弯のカーブを描いています。頭が前に突き出ことで首が真っすぐに伸びてしまい
頭の重さが直接、首や肩周りに負担をかけます。
座っている場合であれば、胸椎(背骨)も丸まり、骨盤も後屈しネコ背に
なりやすいのです。
②予防法は?
●まず、スマホやパソコンの画面を自分の顔の高さに調整する。
(目線は下ではなく真っすぐ前)
●1時間おきくらいに首回りや肩周りのストレッチをする。
●首の湾曲をサポートするような枕で寝る。
③日頃のケア
首の湾曲も大事ですがストレートネックがある多くの方が
ネコ背であったり、骨盤の傾き異常が見られます。
首だけでなく全身のトータルバランスも整えてあげることが
必要不可欠です。ケア方法としましては、やはり一度、良い姿勢に矯正しセルフケア体操が有効的です。
簡単なセルフチェック
リラックスした状態で壁に踵、お尻をつけ軽く背筋をのばします。
この時、壁にもたれてしまうのではなく背中を少し伸ばす感じ。

左図のようにお尻、背中、頭が楽につけば良い姿勢です。

右図のように頭と壁に隙間があればストレートネックの
疑いが強いです。
あくまでも簡易チェックですので不安な方はお問合せください。
ストレートネックの正体を知って正しく対処しましょう。
(柔道整復師 武田和樹 監修)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください